TOP工事・工法地中障害撤去工コアケーシング 関連情報

コアケーシング

施工方法

工法概要

コアケーシング

 ここでいうコアケーシング工法とは、杭打機のフロントアタッチメントにケーシング・オーガーを装着し、既存杭(PC杭、松杭)及び既存障害等を局部的に撤去する工法です。ケーシング先端に超鋼ビットを取付け、既存杭周囲や地中障害を所定の深度まで切削し、既存障害とのフリクションをカットします。既存障害と周面の地山および構造物との縁が切れた段階でケーシングを引き上げ、既存障害を撤去した後に、削孔箇所を良質土で埋め戻します。

 本工法は、アボロン杭打機・FP杭打機・小型・中型・大型三点式杭打機による施工が可能であり、新設山留・新設杭施工の為の、旧構造物撤去工事に用いられます。

コアケーシングによる障害撤去

コアケーシングによる障害撤去


その他の情報

施工方法

ロックオーガー BG掘削機 全周回転掘削機 ダウンザホールハンマー・ノバルハンマー
お問い合わせ