TOP工事・工法鋼製山留支保工タイロッド・タイブル式山留工法 関連情報

タイロッド・タイブル式山留工法

施工方法

工法概要

 タイロッドとは、一般的につなぎ材を意味し、二つの部材を連結、引張材として機能する部材の総称です。

 山留工事におけるタイロッドとはアンカー工法の一種で、港湾、河川の護岸、堤防工事に頻繁に採用され、山留壁の背面に控え杭(控え壁)を打設後所定レベルまで掘削し、タイロッドによって山留壁と控え杭を連結する工法です。タイロッドと控え杭との支持力により山留壁の変形を抑えます。背面に控え杭を設置する敷地を必要としますが、地下における作業空間が広く確保でき機械施工の効率を高めることが可能です。

 タイブルとは、引張材がフレキシブルなPC鋼より線であり、予め設計長に応じた任意の長さで納入出来、1本物な為にターンバックルが無く、施工が容易です。

タイロッド式山留工法

タイロッド式山留工法

その他の情報

施工方法
ボルト・アンカーボルト・タイロッド 溝形鋼・山形鋼 シートパイル
お問い合わせ