TOP工事・工法作業構台・乗入桟橋一般構台・桟橋 関連情報

一般構台・桟橋

施工方法

工法概要

 作業構台・乗入桟橋とは、建設機械の作業スペースや工事用車両の通行、資材の仮置スペース等を確保する為の、仮設橋梁の総称で建築・土木の分野を問わず広く施工されています。作業場内の建設機械(主に揚重機・掘削機)の施工能力、台数から必要となる構台のスペース(面積)を計画します。また、道路工事等においては路面を一時的に覆工し、一般車両の通行の妨げとならないよう路下での地下工事を行う為に設置します。

 一般的に構台・桟橋は支持杭、大引(桁受)、根太(覆工受桁)、覆工板により構成され、支持杭・水平継材・垂直ブレース・水平ブレース迄の下部工と、大引(桁受)・根太(覆工受桁)、覆工板、手摺の上部工とに区分けされます。

 掘削を伴う場合には段階的な掘削に応じて斜材(ブレース)を取付け、水平継材等の補強部材を取り付けて、掘削の進捗に応じて生ずる支持杭の変形・揺れなどの構造系の安定を保持します。

作業構台

作業構台


その他の情報

施工方法

置構台・開口覆工 覆工板 手摺 H形鋼 溝形鋼・山形鋼
       
C型クランプ・ブルマン        
お問い合わせ