TOP工事・工法作業構台・乗入桟橋置構台・開口覆工 関連情報

置構台・開口覆工

施工方法

工法概要

 置構台・開口覆工とは現場内のスラブ・梁等のレベル差や開口箇所に対して、敷桁・覆工受桁・覆工板を設置し、場内の導線・重機の作業スペースを確保する為に設置されるものです。構築物上への重機据付けを目的としたものが多く、重機の荷重を置構台・開口覆工によって分散させ、構築物への影響を低減させます。

 また、再開発プロジェクトなど解体工事を伴う施工の際、旧構築物を利用した重機計画などにも利用されます。

開口覆工



その他の情報

施工方法

作業構台・乗入桟橋 覆工板 手摺 H形鋼 C型クランプ・ブルマン
       
土木 その他        
お問い合わせ