TOP取扱商品>構台・桟橋関連製品>C型クランプ、ブルマン 関連情報

C型クランプ、ブルマン

特徴

  1. 鉄板状どうしの簡易な固定に使用できます。
  2. 溶接やボルト固定が不要により作業時間が短縮可能です。
  3. 先端特殊加工したボルトにより確実にクランプ可能です。
  4. 溶接や孔明けによる鋼材のスクラップが発生しません。
  5. 土木・建築等の鉄構仮組にも使用できます。
  6. 許容荷重 引張=50kN せん断=20kN

ブルマン工法

土木・建築現場における仮設構造物(構台・オーバーブリッジ等)の組み立ては、各々の鋼材の接合部を溶接するか、ボルトによって接合しています。

ブルマン工法は、先端を特殊加工した高張力ボルトで仮設鋼材を締付けて接合を行うため、構造物を解体する時、ガス切断等の必要がなく簡単に組み立て解体ができます。

▲このページのトップへ戻る

H形鋼 手摺 インサイドジャッキ 作業構台 乗入桟橋
お問い合わせ